フォト
無料ブログはココログ

展覧会

2017年12月13日 (水)

第5回 歳末おたのしみ作品展

今日から カフェ北都館ギャラリーで

3235

『第5回 歳末お楽しみ作品展』が始まりました。

3234

絵画の他に手芸、陶芸、木工、金工、ステンドグラス、アクセサリーなど

3233

手作りの作品もたくさん展示販売されます。

店内の写真。あまりきれいに写せなかったのですが…sweat02

私は ワンコのアクリル画1点と

3236

ポストカードと手描きのイラスト付きフォトフレームを展示。

3232(←左下です。)

フォトフレームをご購入の方には

お好きなポストカードを1枚プレゼント致します。

danger 他の作家さんの素敵なカードもありますが

プレゼント出来るのは私の…

Kayokoのカードの中からですよwink

水~金曜日は遅くまで営業しているので

今日は仕事帰り、cakecafeキャラメルシフォンケーキを頂きながら

3231

のんびりと貸し切り状態で観て来れました。

12月という事でサンタやトナカイ。ツリーなどをモチーフにした作品も多く

クリスマスムードもたっぷりxmas

お客様にも楽しんで頂けると嬉しいです。

art『第5回 歳末おたのしみ作品展』

カフェ 北都館ギャラリー

札幌市西区琴似1条3丁目1-14 第一病院向い

TEL 011-643-5051

2017年12月13日(水)~12月18日(月) 最終日pm5:00まで

水・木・金 am10:00-pm10:00
土・日・月 am10:00-pm 7:00
火曜定休

art

art

2017年10月 4日 (水)

小川原 脩 記念美術館

北海道のリゾート地としても有名なニセコ町の隣町。

倶知安(くっちゃん)町に 

小川原 脩(おがわら しゅう)さんの記念美術館があります。

以前、他の美術館で犬を描いた作品を観た時から

ずっと訪ねたいと思っていた場所でした。

9月30日。ニセコ方面へ出かける事になり

念願が叶いました^^

3212

しかもこの日は『麓彩会』というグループの展覧会の初日にあたり

3213

入館料が無料となっていました。(通常は大人1名500円)

午前中は出品者によるギャラリートークも行われていましたが

こちらには間に合いませんでした^^;

3214

『麓彩会」とは1958年に倶知安町出身の故小川原脩氏を中心とした

8人で創設された美術団体だそうです。

展覧会は今年で59回目。すごいですね^^

今回の展示は会員13人と小川原氏による風景画や抽象画など

14点が展示されていました。

常設展の方は 小川原脩展-小川原脩ものがたり-

3215

小川原脩1911-2002。北海道倶知安町生まれ。

東京美術大学(現・東京藝術大学)西洋画科卒業。

シュルレアリスム絵画への道を歩んだが

軍の規制が厳しくなり断念。

軍の命令により戦争記録画を制作した時代もあったようです。

70歳を目前に中国、チベット、インドなどを訪れています。

3216

小川原脩『自伝的な画集』の中の-003。

動物の絵を集めた 『私の中の原風景 私となじんだ動物達』を購入。

動物のモチーフの中で多く登場する馬、犬、大白鳥の中で

私が気になっているのは 小川原修を知るきっかけになった犬。

同書によると、ある時期、よく野良犬をモティーフにしていたそうです。

3220「丘の上の犬たち」

『世の中は「自由自由」という単語だけが氾濫する。
しかし実態は群化していく社会に見えたのだ。-中略-
どこかで旗をふれば我がちに同じ方向に走り出す社会、
そんな習性への不安が私を野良犬に走らせたのだ。』

-小川原脩『自伝的な画集』より-

3221「群化社会B」

3219「犬たち」

3217「群れ」

3218「白い犬」

絵の中の犬たちの様々な仕草や表情に惹きつけられました。

厳しさや淋しさも感じますが、どこかあたたかい温もりも感じます。

3222「巡礼家族」

美術館 館長 矢吹俊男さんの文章の中に

-『1980年代、中国桂林、チベット、インドへの旅で小川原は
人と動物を描き始めた。そこには居丈高に吠える犬もいなければ、
手を振り上げる人間もいない。動物と人間が融合しているのだ。
何とも優しい表情である。これが、この画家本来の姿なのだろう。』

という一文がありました。

私もそんな気がしますconfident

作品もたった2~3点しか知らず、

小川原脩という人の事も何も知らなかった…。

まだ、知っているとは言えないけれど(笑)行って良かったnotes

*画像は パンフレット。画集。ポストカードより。

art小川原脩記念美術館
 〒044-0006 北海道虻田郡倶知安町北6条東7丁目1
 ℡ 0136-21-4141

開館時間 9:00-17:00 (入館は16:30まで)
休館日 毎週火曜日、9/25-29(展示替休館)
11/3(金・祝)は開館記念日・観覧料無料

art常設展 小川原修展-小川原脩ものがたり-
 2017.7.15(土)-11.26(日)

art第59回麓彩展
 2017.9-30(土)-11.26(日)

2017翌檜展

それぞれ自分のペースで描いている作品を持ち寄り

年に1回発表する場を設けましょう。

という『翌檜会』(あすなろかい)に私も参加させて頂きました。

3207

昨日から 今年の発表会が始まりました。

3208

11名 各1~4点を出品。
 
3209

画材は水彩、油彩、アクリルなど

モチーフも風景画、人物画、静物画など様々です。

3210_2

、、、そして私はいつもの動植物confident

3211

今年のグループ展やイベントに出品した物に

新作を加えて4点出品しました。

仕事の都合で会合などに出席出来ず

今回の展示も搬入日に参加出来なかったので

何から何までお世話になりっぱなしですsweat01

搬出日にはメンバーの皆さんにご挨拶出来るかな^^;

楽しみにしていますhappy01

ギャラリーは札幌 大通公園のすぐそば。

アクセスが良いので、ふと通りかかった方にも

寄って頂けたら嬉しいです。

art2017『翌檜展』
 10月3日(火)~8日(日)
 am10:00~pm6:00 (最終日はpm5:00まで)

artギャラリー大通り美術館 B室
 札幌市中央区大通り西5丁目11 大五ビル
 ℡ 011-231-1071

art

2017年9月19日 (火)

飛生芸術祭&TOBIU CAMP 2017

9月17日。北海道に台風18号が迫ってくる中

白老町で行われている芸術祭に行ってきました。

3195

飛生芸術祭 & TOBIU CAMP 2017

会期中様々なイベントが行われていたようです。

今回のお目当ては 『奈良美智』さんの個展。

3196

いつものように描いたのは1点だけで

あとは飛生で出会った人々との交流の中で

生まれた作品を展示されていました。

『キヨさん』が作った木炭で 

飛生の子供たちを描いたデッサン。

3197

彫塑。などなど。。。とても愛らしいheart

3198

観ていてホッとしましたconfident

廃校になった小学校を会場にしているので

そこかしこが何だか懐かしく…confident

3203

教室のひとつはカフェになっていました。

31993206

奈良さんの作品のモデルとなった子供達が

元気に遊んでいました(笑)

体育館にも

3204 

国松 希根太「WORMHOLE」

3202

外に出てみると…他のアーティストの作品が沢山!

3205

3201 何故か…

木彫りのクマ?の前にドングリなどの木の実がどっさりshine

私も一つ。捧げてきましたよ(笑)

体育館の外壁もキャンバスになっていました。

3200

急なお願い&お誘いに快くお付き合いしてくれた友人達。

とても楽しい一日になりました。

ありがとうheart感謝!!感謝!!ですconfident

art

art

art

2017年9月16日 (土)

『ゴッホ展』

先日、友人と『ゴッホ展』を観てきました。

3191

北海道でゴッホ展が行われるのは15年ぶり。

=この展覧会では、「ファン・ゴッホと日本」をテーマに

オランダのファン・ゴッホ美術館など名だたる美術館や

個人が所蔵する油彩画やデッサン、資料などを一挙公開=

(パンフレットより)

3190

浮世絵をはじめとした日本美術に

大きな影響を受けたゴッホの作品は有名です。

風景画はうねるようなタッチが

その場の光や空気まで描き込もうとしているような

迫力を感じました。

3192

3193

多くの作品に ブルーとイエローが使われているのが印象的。

『ジャポニズム』に影響を受けたゴッホ。

そして時代が変わり、海を越えて

1920年代。ゴッホの死後、日本の画家や文学者達が

ゴッホ終焉の地を訪れています。

その時の貴重な映像も公開されていました。

ゴッホ最晩年に交友を持った

オーヴェールの医師ガシェ一族の元に残されている

3冊の芳名録には約240名の署名が記されている事が

近年明らかになったそうです。

その中に洋画家 佐伯祐三の名前もあったそうです。

3194

↑佐伯祐三『オーヴェールの教会』(パンフレットより)

ゴッホも描いたオーヴェールの教会を同じアングルで

描いています。

今はインターネットをはじめ書物やテレビなどでも

いくらでも情報を集められる時代。

実際に現地を訪れる事も昔より楽にできますが

当時、限られた情報の中で夢や憧れを膨らませ追いかけて、

自身の制作に打ち込んだ人々のエネルギーは

とても大きなものだと感じました。

更に、その後の人々に感動や影響を与えていく・・・。

人から人へ、国や文化や時代まで超えて続いていく…。

上手く言えないけれど、、、素敵confident

そんなつながりがずっとずーっとつながっていきますように。

art「Van Gogh & Japan ゴッホ展」-巡りゆく日本の夢-

 2017年8月26日(土)-10月15日(日)

北海道立近代美術館

art

art

2017年6月 1日 (木)

『大原美術館展Ⅱ』と初夏の札幌

現在開催中の展覧会 『大原美術館展Ⅱ』を

友人達と観に行ってきました。

0492 (北海道立近代美術館・前庭)

04930494

大原美術館は1930年に西洋美術を紹介する

日本初の本格的美術館として岡山県倉敷市に開館した美術館です。

コレクションの中には シャガール、クレー、ピカソ、マティス、キリコ等々

ヨーロッパの画家の作品が沢山あり、

学生時代には『観てみたい』 『行ってみたい』と願ったものです。。。

昔は 日本絵画にあまり興味が無かったのですが

今改めて見ると 梅原龍三郎、岸田劉生、宗像志功、藤田嗣治 等々

日本人画家の作品のコレクションもすごい事に気づきました。

藤田嗣治の『舞踏会の前』の修復作業(1年以上)の

過程が紹介されているなど興味深い展示もありました。

0495

宗像志功「二菩薩釈迦十大弟子版画柵」

コレクションの礎となったのは美術館の創立者・大原孫三郎氏の支援を

岡山県出身の洋画家・児島虎次郎が受けた事からだそうです。

児島虎次郎はヨーロッパに渡り様々な影響を受けて

画風が変化していったようです。

私は 明るく軽やかなタッチで描かれた後半の絵よりも

初期に描かれた↓「里の水車」に惹かれました。

0496

農作業?の合間のひと時。

子供の安心しきった寝顔やぷくぷくとした可愛らしい足。

穏やかな空間。肌の質感…凄いなぁ…confident

美術館で癒された後は 初夏の札幌の街をぶらりと散歩。

 0498

『大通公園』で行われていた『札幌ライラックまつり』は終わったばかり。

0497

散っている花もありましたが

創世川公園の遊歩道には まだライラックの花が咲いていました。

04990501

しかも 珍しい品種が沢山notes

0500

0502

0503

他にも北海道の自然を生かした手すき和紙の作家さん

東野早奈絵(とうのさなえ)さんの作品展を訪ねたり

たっぷり観て 食べて 歩いて…充実した一日でしたhappy01

art『大原美術館展Ⅱ』開催中~2017年6月11日まで

北海道立近代美術館

札幌市中央区北1条西17丁目

℡ 011-644-6822

art

art

 

2017年3月 7日 (火)

Cafe & Kitchen タペストリー

0458

先日花の絵を展示をしてきた『ノール・シャッフル展』。

最終的に14名の参加となったようです。

今日は友人とランチを兼ねて行ってきました。

本日のランチは『生姜焼き定食』。

ボリュームたっぷりで780円。

食後のコーヒーは250円ですwink

0459

ビーフシチューやカレーライス、ハンバーグなどの

洋食もありますよ。

0461

夜は定期的にフォークのライブが行われたり

絵画、アクセサリー、陶芸など

アート小品の委託販売コーナーなどもあり

0460

様々なジャンルの人が集まれる空間になっています。

市営地下鉄 南北線 麻生駅5番出口から徒歩1分。

アクセスも良いですしねgood

色々なお客様に観て頂けると嬉しいです^^

art『第3回ノール・シャッフル展』

2017.3.1(水)-3.31(金) (最終日17:00展示終了)

artCafe & Kitchen タペストリー

札幌市北区北40条西5丁目1-2 MSコムフォート北国 1階

℡ 011-707-2030

営業時間 11:00-20:00 (ランチタイム 11:00-14:00)

定休日曜日

2017年3月 1日 (水)

無事個展終了

5年ぶりに地元で行った個展は

13日に無事に最終日を迎える事が出来ました。

かつての同級生たち

恩師や絵の仲間

日頃お世話になっている方

前回の個展に来て下さったお客様などなど…

カフェに駆けつけてくれました。

頂いた美味しい差し入れやきれいなお花。

0448

(↑友人に頂いたお花happy01

温かい励ましの言葉。

本当に感謝!の一言しかありません。

ありがとうございました。

今回嬉しかった事の一つ…。

『カフェギャラリー 北都館』での個展は

2011年と2012年にも行っていました。

その時にご購入頂いたお客様たちが

今回も駆けつけて下さって

今もその時の絵を大切にして下さっている。

というお話が聞けました。

中でも、、、

ワンちゃんを亡くしたばかりだった方は

同じ犬種の犬の絵が偶然その子にそっくりだったことから

最終日の終了間際に駆けつけてくれて

絵を連れて帰って下さいました。

5年経って再会。。。

今は笑顔でワンちゃんのお話が出来た事がとっても嬉しかったです。

今回は笑顔のヤギさんを

あの時の犬の絵の隣に飾るとの事でお嫁入り決定shine

0450

展示用の仮縁(ガラス無し)だったのを

0451

会期終了後にBOXフレームに額装を変更してお届けしました。

ヤギさん。ご家族の笑顔を見守っていてねconfident

そしてこの度お嫁入りした他の動物達。

0452

末永く皆さんに可愛がって貰えますようにconfident

art

art

art

2017年2月 9日 (木)

『Animals in the dream』再び

2月8日~13日まで久々の個展を行います。

443

展示作品は、昨年NYのヲウチギャラリーで展示した作品を中心に

鉛筆・色鉛筆・水彩を使った作品を加えた20点です。

0444

6日の夕方、展示してきました。

カフェのHPの紹介ページは

こちら→『今週の展覧会情報』 (リンクしています) です。

0445

新しい出会い。友人達との時間。

0446

久しぶりの再会。。。

とても楽しみですconfidentheart

本日は初日。久しぶりにお会いしたお客様は

以前デッサン会でご一緒していたご夫妻や

展覧会を通じて知り合った方など…。

絵の具の特徴、展覧会情報など絵に関する事からペットの話まで

楽しい時間を過ごす事が出来ましたcafehappy01

寒い中足を運んで下さって感謝sign01感謝sign01ですconfident

art『Animals in the dream』

artカフェ 北都館ギャラリー
 札幌市西区琴似1条3丁目1-14 (第一病院向かい)
 ☎ 011-643-5051

art2017.2.8(水)~13(月) 最終日pm5:00まで
 営業時間
 水・木・金 am10:00~pm10:00
 土・日・月 am10:00~pm 7:00
 定休日 火曜日

2016年5月30日 (月)

2016年 個展終了

2016年5月17日-22日。

ニューヨークのヲウチギャラリーで行っていた個展

『Animals in the dream』が無事に終わり

ギャラリースタッフさんが写してくれた

オープニングの様子の写真がFlickerに掲載されました。

以下↓リンク先です。

https://www.flickr.com/photos/ouchigallery/

そのうちの一部をちょっとご紹介^^

2843

準備に1年半かける事が出来ましたが

全然余裕が無く、やっとこぎつけた感じでした。

作品を発送してからは

ギャラリーのスタッフの方に委ねてしまって

終了のお知らせを頂くまで様子が解らず

何となく落ち着かない日々を送っていました。

2841

お客さんが一人も来なかったら淋しいな…sweat02

全然受け入れられなかったらどうしよう…sweat01

始めのワクワク感♪はどこへやら(笑)

2842

マイナス思考に陥りそうになるのを助けてくれたのは

友人達でした。

現地で観に行ってくれたお友達のAさんからの速報mailto

Cちゃんがバトンを渡すように私に伝えてくれましたlovely

Aさんがスタッフさんに聞いてくれた話によると

常連のお客さんの中には 気に入って下さって

写真を写して行かれた方もいたそうです。

2844

他にも色々と教えて貰えて本当に嬉しかったです。

本当にホッとしました。。。ありがとうconfident

スタッフさんが写してくれた写真の中には

笑顔のお客さん達が写っていましたよconfident

お客さんがくつろいで作品を観られるように。と

会場作りをしてくれたスタッフの方にも感謝です。

大変な事もありましたが、いい経験になりました。

皆さん。ありがとうございましたheart04

art

art

art

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー