フォト
無料ブログはココログ

音楽

2014年9月27日 (土)

舞台『思考の響界~しこうのきょうかい~』

札幌国際芸術祭2014 連携企画

札幌時計台で 舞台『思考の響界~しこうのきょうかい~』

9月22日(月)~28日(日)まで7日間連続公演されています。

昨日 5日目の公演へ友人と行ってきましたnotes

0227仕事を終えてから 

早めに会場近くのお店で 時間までのんびり過ごしましたrestaurant

舞台への期待が高まりますhappy01

札幌時計台は 札幌の観光スポットでもありますが

実際に来てみるとビルの谷間に建っているので

0225

『日本三大ガッカリgawkスポット』なんて

言われちゃう事もありますけどね…coldsweats01

でも、今も鐘が鳴って時を知らせてくれ、趣がありますconfident

うまくタイミングが合えば bell鐘の音を聴くことが出来ますよ。

0229

日が暮れて、時間となりましたhappy01

時計台は1階は展示室。2階が貸しホールになっています。

その2階で行われましたよ。

0228

0226

ピアノ・ジャンベ(太鼓)・舞踏・写真・映像のコラボ。

ジャンベ奏者の茂呂剛伸さんのHPはこちら(←クリック)

暗い空間に光の演出。

軽快で力強いピアノとジャンベのリズムnotes

木造の床のせいか、ダンサーの踏むステップが

観ている私にもズシンズシンと響いて来ます。

ジャンベの音は とても大きくて激しく、時に優しく

とても心地が良かったですnotes

art『思考の響界』http://www.goshinmoro.com/watch/#cd

  2014.9.22~28 札幌時計台

  19:00 開場 19:30開演

art

art

2013年3月 6日 (水)

DJEMP(ジャンピ)を聴きながら

昨年 友人の誘いで縄文太鼓の展示&演奏会へ行き

初めて聞いた太鼓(ジャンベ)の音。

ジャンベ太鼓の作家であり演奏家でもある

茂呂 剛伸(もろ ごうしん)さんです。

      *オフィシャルサイトはこちら です。

-自ら制作した土器の太鼓「縄文太鼓」を

ジャポニズムとアフリカンを融合した

独自の演奏スタイルで独奏する太鼓演奏家-(プロフィールより)

色々なジャンルの方とコラボした演奏会も多く開いており

私が観たのは 茂呂さんの演奏に合わせて

男性ダンサーが即興で踊る。という演奏会。

最後は お客さん全員も輪になって即興ダンスnotes

リズム感の無い私は ダンスというより体操!?(笑)

冷や汗をかきましたがbleah とても楽しいひと時でした。

その茂呂さんが 今度はピアニストのHajime(ハジメ)さんとコラボ。

アーティスト名 ジャンベ X ピアノ →で 『ジャンピ』。

アルバム『Ich weiss nicht!!』(イッヒ ヴァイス ニヒト)

を出しました。

ドイツ語で 『知らねぇなぁ。』って言う意味なんですって。

ジャンピを聴きながら…

0049

外は今日も雪snowが降っていますが sun南国気分で

とぼけたカメレオン君を描いてみましたhappy02

もう少し 画面を整理して着色してみようかなsmileと思います。

art 

art

art

その他のカテゴリー