フォト
無料ブログはココログ

« 『大原美術館展Ⅱ』と初夏の札幌 | トップページ

2017年6月 5日 (月)

出来る事から

先日、私の作品のポストカードを委託販売して下さっている

カフェcafe『タペストリー』さんに販売状況のチェックを兼ねて

食事に立ち寄りましたら…confident

0504 

その日はライブnotesのある日でした。

『タペストリー』さんでは時々 入場料は100円+飲食1品で

演奏を聴いてから『お気持ちで』投銭をお願いします^^という

ライブを行っています。

フォーク、ジャズ、馬頭琴、マジック、落語などジャンルは様々。

この日は『なおこBAND』さんと『板谷みきょう』さんのジョイントライブ。

『なおこBAND』は大西なおこさんの箏(こと)と歌

渋谷秀利さんのギターと歌

ジェラルド・イルングさんのアフリカンパーカッション の3人ですが

ジェラルドさんは他のコンサートツアーに参加する事も多いようで(笑)

なおこさんと渋谷さんのお二人の演奏でした。

なおこさんがお使いの箏の材料は会津の桐を使っている事から

東北の震災後 2012年から福島の仮設住宅、学童クラブ、

保育園などを訪ねて演奏活動を行っているそうです。

実際訪ねてみて感じた事は、、、

放射線量が生活するうえでは問題ないとされている場所でも

子供たちが外で土や草に触れて遊べない。という状況を見て

せめて、夏休みのひと時だけでも北海道に呼んで

自然の中で思い切り遊ばせてあげたいという思いだったそうです。

2013年から北海道南幌町で『南幌夏休みキャンプ』を開始されています。

大きな事は出来なくても、まずは子供達数人からでも良いじゃないか

そんな思いで チャリティで集まった募金や

土地の農家さんが野菜を提供されたりしての手作りのキャンプevent

今年で第5回目になるそうです。

さて。キャンプのお話とはまた別の話ですが

会場で、『ひまわりプロジェクト』の協力のお話もありました。

ひまわりを育てて種を福島に送ると

その種はオイルに加工されるそうです。

元々は福島の障害者と農家の方たちが協力して

行われてきた取組だったそうですが

土壌汚染の明らかな土地でのひまわりの栽培は

断念せざるをえなくなってしまったそうです。

そこで県外の支援者がひまわりを育てて種を送るという

『ひまわりプロジェクト』という絆事業が始まったそうです。

団体はもちろん、家庭の花壇(個人)でも良いそうなので

私も『種』を頂いてきましたよ。

プランターでも出来るかなぁ~confidentと思っていたのですが

3171

母が家の脇に猫の額ほどのcoldsweats01

『ひまわり』コーナーを作ってくれました。

3172

ちょっと日当たりが悪いので心配ですが…sweat02

上手く育ってくれますようにconfident

artなおこさんのブログ『箏弾きNaokoの抱腹絶倒な日々』 (←リンクあり)

チャリティライブなどの日程がアップされています。

art

art


« 『大原美術館展Ⅱ』と初夏の札幌 | トップページ

コメント

テレビなどメディアで取り上げられてるときも、せいぜい少しばかりの募金をしたりしたくらいですが、現在はなにもしていないので、コツコツ取り組み続けてる方のお話を聞くと頭が下がります。

ひまわり、元気に育つといいですね~o(*^▽^*)o

art ちごちゃん
『何かしなくては』…居ても立っても居られない気持ちが落ち着くと
自分の日々の生活に追われてしまいますね^^;
改めて、大切なのは『忘れない事』なのかもしれないと気づかされました。

花を楽しめて、収穫がお役に立てるって素敵なプロジェクト♪
ヒマワリ。。。早く芽が出るといいなconfident楽しみですheart04

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1770777/70772978

この記事へのトラックバック一覧です: 出来る事から:

« 『大原美術館展Ⅱ』と初夏の札幌 | トップページ