フォト
無料ブログはココログ

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月20日 (月)

童心に帰って

札幌市の中心 繁華街すすきのに隣接する中島公園に

0248 (中島公園)

北海道立文学館があります。

そこで現在行われている特別展

0237

『トーベ・ヤンソン生誕100周年記念

   ムーミンの世界展

~ヤンソンさんからの贈り物~ 』へ行ってきました。

展示室に入る前から グッズ販売のコーナーや

0238

ジオラマに興奮気味♪(笑)

0239
0240

私は子供の頃に見た

TVアニメの『ムーミン』の知識しか無かったのですが

ムーミンファンの友人達の話を聞きながら

実に 奥が深い(笑) 

知らなかったムーミンの世界を楽しみました♪

0246

ムーミン(左)とスナフキン(右)との記念撮影コーナーもhappy01

アニメでは青(グレー?)だったムーミンは 本当は『白』。

孤独な旅人だと思っていたスナフキンには

両親など家族がいたんですよ。

知らなかったーw(゚o゚)w

展示室にも ムーミン屋敷の中でムーミン一家が

0247

ティータイムを楽しんでいました。

美術館と違って写真を写してもOKなようで

皆さんパチパチcamera 撮影されていました。

02420243

扉を開けると→0244

0245 『ニョロニョロ』が( ̄▽ ̄)♪

0241(←中心がヤンソンさん)

原作者 トーベ・ヤンソンさんについてや

故郷 フィンランドの紹介。

ムーミンシリーズの世界、ストーリー、キャラクターなども

パネルに沢山紹介されていました。。。がsweat02

会場がちょっと狭くて 

じっくり読んでいると 後ろが渋滞しちゃうのです( ̄Д ̄;;

後半は ササッと流し読みしてきましたcoldsweats01

今度 じっくり友人に語って貰う事にしましょう(笑)

0249

art『ムーミンの世界展』

 2014年9月6日(土)~11月9日(日)

 北海道立文学館 特別展示室

art開館時間

 午前9時30分~午後5時 (入場は午後4時30分まで)

art観覧料 

 一般700円 高大生450円 小中生300円

2014年10月19日 (日)

『藤城清治の世界展』

ここ数日寒い日が続いていましたが

秋晴れとなった土曜日。

0232

札幌芸術の森へ。

0233

0235

『光と影のファンタジー 藤城清治の世界展』

観に行ってきました。

今回は 友人と娘さん、娘さんのお友達と一緒です。

(イニシャルで紹介しようと思ったら、友人も2人の子供たちもYちゃんでした:笑)

子供たちは中学1年生。

小学校時代からの仲良しで 2人とも美術に興味を持っています。

一応、引率のお手伝い!?って感じでご一緒しましたが

入場後は それぞれが夢中でバラバラになっていました(笑)

いつも 私は時間をかけて観る方なので

子供たちが飽きていないか?時々姿を探しましたよ。

想像以上に子供たちはしっかりと観ていて

私より時間をかけていたのには驚きました。

芸術の森の敷地内にあるレストランで遅めのランチ。

お腹がいっぱいになると子供達は

『彫刻のある〝野外美術館”の方も観たい!』と言うので

1時間半ほど後に集合する事にして

私と友人はアートホール(センター)のロビーで

おしゃべりしながら待ちました^^

美術展の半券があれば、野外美術館は¥100で入場できます♪

帰り道。子供たちは『今日は楽しかったーっ!!』を連発^^♪

とっても良い日になったようですscissors

         art art art

さて。美術展の方ですが…。

藤城氏の影絵は 『誰の作品』とは知らずに

子供の頃から見知っていました。

昔は何となく物悲しい感じがしていましたが

今観ると 隅から隅まで遊び心があり、

優しさがあり、楽しくなりました♪

0234

想像以上に大きな作品ばかりなのにも驚きましたよ。

感動した作品のポストカードを購入しようと思いましたが

カードサイズになると 細かな表現が良く見えないので諦めて…。

小さめの作品のカードにしてきました^^

0236

剃刀とカラーフィルターを使って作られた

繊細で幻想的な世界は 作品の後ろから光を当てられ

とても生き生きしていました。

手前に置かれた水に作品が映って揺らいで見せたり

作品の四方を鏡で囲んで 万華鏡のように見せたりなど

面白い展示もありました。

藤城清治氏は 1924年4月17日東京生まれ。

今年で90歳になられますが、制作に夢中になると徹夜作業になったり

各地に足を運んでスケッチをされるパワーの持ち主happy01

東北の震災後に現地を訪れ、防護服を着ながらスケッチした風景も

復興と平和への祈りを込めて、優しく美しく残されています。

今年の夏に、24時間放送されたチャリティー番組の中で制作された

たて3ⅿ×よこ6ⅿの巨大作品も展示されていました。

私は放送で制作過程を見ながら 

『藤城さんのお体の負担にならないのだろうか』と

思ったのですが、この作品の大きさなどを希望したのは

藤城氏ご自身だったそうで、なお驚きです。

作品に付けられているキャプションは藤城氏の言葉です。

作品に対する思いや、制作中の思い出などが書かれていました。

影絵作品の他に 学生時代に描かれた油絵も数点ありました。

優しいタッチで描かれた子供達の絵なのですが

戦時中だった為、『軟弱だ』と非難されたそうですthink

作品のほとんどに登場する『小人』は

藤城さんご自身にも ひとり ついているそうですよwink

もし私のそばにもいてくれるなら 何か囁いてくれないかなconfident

art『光と影のファンタジー 藤城清治の世界展』

 2014年10月10日(金)-2015年1月18日(日)

 札幌芸術の森美術館

art

art

2014年10月16日 (木)

みーつけた

お花畑でかくれんぼ?

0231

ちょうちょと猫さん。どっちが鬼さんかな?

           art art art

私は 犬と遊ぶ事が多くて

猫さんとはどう遊べばいいか良く解らないのですが…^^;

ちょっとだけですが、友人の愛猫さんとは遊べました♪

まるでワンコのような猫さんだから…かなconfident

飼い主さんを玄関でお出迎えしますし

おもちゃを投げてもらう 『持って来い遊び』が大好き。

お客さんの足元、テーブルの下に寝転がって

撫でてもらうのが好き。

『良い子heart04良い子heart04』すると お腹を見せて甘えますconfident

みんなの注目が逸れると

お座りしたまま 『にゃぁ~~~ん』と鳴いて

アピールしますよ。

ちょっと その子catの事を考えながら描きました*^^*

art

art

art

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »