フォト
無料ブログはココログ

« 笑顔の源 | トップページ | 鳥の歌 »

2014年2月22日 (土)

まっしろキャンバス

ある現代美術作家の回顧展を観に行った時の事。

少年時代の落書きのようなもの(失礼sweat01)から

現在の大型の彫刻作品までの展示をされている中で

今でも心に残っているひとことがあります。

学生時代のスケッチブックの画面に 

横に一本の線が引かれているだけのものがあり

片隅に『今日は線を一本しか引けなかった』

というような内容の走り書きがあり

別の日に描いた一枚には 二本の線が引いてあり

『今日は二本引けた』というような事が書かれていました。

人に見せるために描かれたものではない線。

つぶやきのような一言。。。

大量の作品群の中で それが印象に残ったと言ったら

きっと 作家さんはガッカリされるに違いないですね(笑)

物理的に描けないのではなくて

1本の線を引くのに 拘りや迷いなど様々な葛藤があって

手が動かなくなったのかなぁ…thinkなんて

凡人の私には計り知れないのですが 

想像してしまうのですconfident

私は何をどう描いたら良いか解らなくて

真っ白になってしまう事ばかり。。。

でも、手が止まるとすぐに現実逃避をする私としてはcoldsweats01

試行錯誤の1本の線を引く前に 

遊びっぱなしになりそうですsweat01

0128

今…真っ白なキャンバスを前にして

手が止まっている私の中で あの一本の線が蘇りますconfident

逃げない…逃げない…(笑)

・・・art

何をどう描いたら良いのか迷うなら

0129

まずは…色から染めてみましょうか…confident

art

art

art

« 笑顔の源 | トップページ | 鳥の歌 »

コメント

もの作りやアートに関わる方は、一本の線にさえ思いを込めるのでしょうか。
私にはわからないf^_^;
kayoちゃんの、ならば色で染めてしまいましょう、という発想、素敵です!
青く染められたキャンバスがどんな風になっていくのかが、楽しみです。
続編、期待しています。

art ちご ちゃん
押してもだめなら引いてみな…みたいなね(笑)
行き詰ったら、方向決めずに取りあえず一歩進んでみると
動き出せるものです…何て言いながら
しょっちゅう迷走していますがbleah
青いキャンバスから、鳥たちが出てきてくれましたよchick
今週末で仕上げたいなって思ってますup
また観てくれたら嬉しいですhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1770777/55093339

この記事へのトラックバック一覧です: まっしろキャンバス:

« 笑顔の源 | トップページ | 鳥の歌 »