フォト
無料ブログはココログ

« 100人展に向けて-vol.6- | トップページ | ドキュメンタリー映画 »

2013年8月24日 (土)

『シャガール展』

友人と『シャガール展』(2013/6/29-8/25)を観てきました。

公式ホームページはこちらです→ 『シャガール展』

0096 『北海道立近代美術館』

赤・青・黄・緑…原色の色彩が散りばめられた

万華鏡のような画面に

幸せそうに宙に浮かぶカップルや

鳥やロバなどの動物たちが描かれた作品。

油彩や版画作品はこれまでにも観た事がありましたが

その他の作品はあまり観る事がありませんでした。

今回の展覧会は パリ・オペラ座の天井画や

ランス・ノートルダム大聖堂などのステンドグラスの作品が

大きなスクリ-ン画像で見られるコーナーもありましたよ。

ステンドグラス、舞台装飾、衣装などの

仕事の下絵も沢山展示されていて

完成までの仕事の過程が伺えました。

きっと…シャガールさんは

下絵が世に出る事なんて考えていなかったでしょうね…(笑)

0097

タペストリーもいくつか展示されていました。

原画と言いますか、デザインはシャガールですが

制作された職人さんの技術力にも驚きました。

だって。微妙な色合いまで…art

絵の具で描いたんじゃないか?ってくらい

絵と同じだったんです。スゴイ!w(゚o゚)w

シャガールは一緒に仕事をする仲間にも

恵まれていたんだなぁ~confidentなんて想像しましたが…。

本当のところはどうでしょうか…wink

もう少し勉強しなきゃね。 解らない事だらけです^^;

           art art art

美術館を後にして。。。

カフェで美味しいランチを頂きながら

0098

シャガールについて…から話題は果てしなく広がり!?(笑)

たっぷりおしゃべりも楽しんだ一日でしたconfident

art札幌の展示は25日(日)までですが

 この後 仙台・静岡・名古屋・広島 でも開催。

art

art

« 100人展に向けて-vol.6- | トップページ | ドキュメンタリー映画 »

コメント

シャガール展いいですね。
夢の中に誘ってくれる感じの絵だな〜といつも見ながら思います。
沢山刺激されて帰ってきたのでは?
私もまた機会があったらシャガールの絵見に行こうと思います。

シャガールは有名だし、今までも見る機会があったので、知ってるつもりでいたけれど…
何も知らなかったんだなぁ、ってあらためて思いました。
新鮮でしたね。
また、展覧会一緒にまわりましょう!!

art レオの飼い主 さん
レオの飼い主 さんなら本物の天井画やステンドグラスを
観る機会がありそうですねwink
私はなかなか原色をそのまま使う事が出来ない方なので
刺激を受けてきましたよー(◎´∀`)ノ


art ちご ちゃん
とっても楽しかったです♪ありがとうheart
私も。有名なだけに『知ってるつもり』でしたhappy01
といってもまだまだ知らない事が多いと思うので
また お付き合い宜しくねwink

そうそう、画家さんの下絵とか落書きとか
作曲家さんの作りかけの曲や、作家さんの線を引っ張った草稿。
ファンとしてはどんなものでも見たいけど
自分がその立場だったら、やめてーsweat01って言っちゃうかも(笑)

シャガールが原画のタペストリー、興味ありますーnote

art mimeyoi さん
ねーcoldsweats01 私も描き損じの絵とか殴り書きのスケッチとか…
誰かに見られる事を想像しただけで ギャーshockですよ(笑)
その分 普通目にする事が出来ない物を観れたお得感もありましたbleah
タペストリーは mimeyoiさんに見せてあげたかったですー!!
ロビーに展示されていた物ならcamera写せるかな?… と思ったんですが
撮影禁止dangerでした~残念sweat01

シャガールのタペストリーの写真ネットにあったのですがスパムコメント対策にアドレスひかかってしまう様です。http://www.外して入れてみます。
タイトル『平和』 
flickr.com/photos/moselle-tourisme/4834130332/

エルサレム行かれた人のブログにシャガールの作品沢山載せてありました。フランス語ですが良かったら見てください。

http://voyage-nature.over-blog.com/la-knesset

art レオの飼い主 さん
どちらの作品も観られましたよ。ありがとうhappy01
こちらの学生時代の友人も
タペストリーが凄かったと言っていましたよwink
シャガールも凄いけど 職人さんの技術も凄いですね~confident

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 100人展に向けて-vol.6- | トップページ | ドキュメンタリー映画 »