フォト
無料ブログはココログ

« やっと | トップページ | 色あせない記憶 »

2013年3月 6日 (水)

DJEMP(ジャンピ)を聴きながら

昨年 友人の誘いで縄文太鼓の展示&演奏会へ行き

初めて聞いた太鼓(ジャンベ)の音。

ジャンベ太鼓の作家であり演奏家でもある

茂呂 剛伸(もろ ごうしん)さんです。

      *オフィシャルサイトはこちら です。

-自ら制作した土器の太鼓「縄文太鼓」を

ジャポニズムとアフリカンを融合した

独自の演奏スタイルで独奏する太鼓演奏家-(プロフィールより)

色々なジャンルの方とコラボした演奏会も多く開いており

私が観たのは 茂呂さんの演奏に合わせて

男性ダンサーが即興で踊る。という演奏会。

最後は お客さん全員も輪になって即興ダンスnotes

リズム感の無い私は ダンスというより体操!?(笑)

冷や汗をかきましたがbleah とても楽しいひと時でした。

その茂呂さんが 今度はピアニストのHajime(ハジメ)さんとコラボ。

アーティスト名 ジャンベ X ピアノ →で 『ジャンピ』。

アルバム『Ich weiss nicht!!』(イッヒ ヴァイス ニヒト)

を出しました。

ドイツ語で 『知らねぇなぁ。』って言う意味なんですって。

ジャンピを聴きながら…

0049

外は今日も雪snowが降っていますが sun南国気分で

とぼけたカメレオン君を描いてみましたhappy02

もう少し 画面を整理して着色してみようかなsmileと思います。

art 

art

art

« やっと | トップページ | 色あせない記憶 »

コメント

kayoちゃん
BGMを流しながら、イメージを膨らませての試みでしょうか…coldsweats01
いろいろ、刺激をうけてやりたいことにチャレンジしていってくださいね〜
カメレオン君の完成が楽しみですdelicious

art ちご ちゃん
学生時代、曲のイメージをデザインをするっていう課題。
すご~~~く苦手だったのcoldsweats01
カメレオン君も ジャンピの音楽からかなり外れているかと…sweat01
でも心地良くて BGMnotesにはピッタリですよgood

数年前、アフリカまで行って有名な太鼓の演奏家に師事したという
若い日本人アーティストの方のライブを聴いたことがあります。
電子音もないし、メロディは自分の声だけ。
太鼓にはリズムと強弱しかないのに
旋律のあるものより遥かに想像をかき立てるものでした。

kayoさんの世界も、音楽でどんどん膨らんでいくのですねーhappy01

art mimeyoi さん
mimeyoi さんは制作中 BGMをかけたりしますか?happy01
太鼓の音ってライブで聞くと 
お腹にズシンと響いてきますよね^^
それが何とも心地良くて ワクワクします♪
聴いている時は 『ワ~ッhappy02』て
元気一杯なイメージが湧いてくるのに
いざ 筆をとると小さくまとまってしまうんですよねぇ~coldsweats01
人間がちっちゃいせいでしょうか(爆)

カメレオンの絵素敵に仕上がりましたね。
音楽の影響もあるのかな?
ジャンベ X ピアノ ってどんな感じかなと茂呂 剛伸さんのサイトで少し聞かせてもらいましたがピアノとの演奏はなかったです。
茂呂 剛伸さん道産子なんですね。
アフリカの人の太鼓とはまた違う感じがしましたが生の演奏が一番かな?

art レオの飼い主 さん
ありがとうhappy01 
茂呂さんは アフリカでジャンベ太鼓の修行をされましたが
北海道の土と土地で焼いた土器に エゾ鹿の皮を使った縄文太鼓を造り
北海道から独自の音楽を発信されているようです。
アフリカの音楽とは少し違うのはそのせいかも知れませんね。confident
やっぱり生のライブの方は迫力があって良いですよwink

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やっと | トップページ | 色あせない記憶 »