フォト
無料ブログはココログ

2017年10月 4日 (水)

小川原 脩 記念美術館

北海道のリゾート地としても有名なニセコ町の隣町。

倶知安(くっちゃん)町に 

小川原 脩(おがわら しゅう)さんの記念美術館があります。

以前、他の美術館で犬を描いた作品を観た時から

ずっと訪ねたいと思っていた場所でした。

9月30日。ニセコ方面へ出かける事になり

念願が叶いました^^

3212

しかもこの日は『麓彩会』というグループの展覧会の初日にあたり

3213

入館料が無料となっていました。(通常は大人1名500円)

午前中は出品者によるギャラリートークも行われていましたが

こちらには間に合いませんでした^^;

3214

『麓彩会」とは1958年に倶知安町出身の故小川原脩氏を中心とした

8人で創設された美術団体だそうです。

展覧会は今年で59回目。すごいですね^^

今回の展示は会員13人と小川原氏による風景画や抽象画など

14点が展示されていました。

常設展の方は 小川原脩展-小川原脩ものがたり-

3215

小川原脩1911-2002。北海道倶知安町生まれ。

東京美術大学(現・東京藝術大学)西洋画科卒業。

シュルレアリスム絵画への道を歩んだが

軍の規制が厳しくなり断念。

軍の命令により戦争記録画を制作した時代もあったようです。

70歳を目前に中国、チベット、インドなどを訪れています。

3216

小川原脩『自伝的な画集』の中の-003。

動物の絵を集めた 『私の中の原風景 私となじんだ動物達』を購入。

動物のモチーフの中で多く登場する馬、犬、大白鳥の中で

私が気になっているのは 小川原修を知るきっかけになった犬。

同書によると、ある時期、よく野良犬をモティーフにしていたそうです。

3220「丘の上の犬たち」

『世の中は「自由自由」という単語だけが氾濫する。
しかし実態は群化していく社会に見えたのだ。-中略-
どこかで旗をふれば我がちに同じ方向に走り出す社会、
そんな習性への不安が私を野良犬に走らせたのだ。』

-小川原脩『自伝的な画集』より-

3221「群化社会B」

3219「犬たち」

3217「群れ」

3218「白い犬」

絵の中の犬たちの様々な仕草や表情に惹きつけられました。

厳しさや淋しさも感じますが、どこかあたたかい温もりも感じます。

3222「巡礼家族」

美術館 館長 矢吹俊男さんの文章の中に

-『1980年代、中国桂林、チベット、インドへの旅で小川原は
人と動物を描き始めた。そこには居丈高に吠える犬もいなければ、
手を振り上げる人間もいない。動物と人間が融合しているのだ。
何とも優しい表情である。これが、この画家本来の姿なのだろう。』

という一文がありました。

私もそんな気がしますconfident

作品もたった2~3点しか知らず、

小川原脩という人の事も何も知らなかった…。

まだ、知っているとは言えないけれど(笑)行って良かったnotes

*画像は パンフレット。画集。ポストカードより。

art小川原脩記念美術館
 〒044-0006 北海道虻田郡倶知安町北6条東7丁目1
 ℡ 0136-21-4141

開館時間 9:00-17:00 (入館は16:30まで)
休館日 毎週火曜日、9/25-29(展示替休館)
11/3(金・祝)は開館記念日・観覧料無料

art常設展 小川原修展-小川原脩ものがたり-
 2017.7.15(土)-11.26(日)

art第59回麓彩展
 2017.9-30(土)-11.26(日)

2017翌檜展

それぞれ自分のペースで描いている作品を持ち寄り

年に1回発表する場を設けましょう。

という『翌檜会』(あすなろかい)に私も参加させて頂きました。

3207

昨日から 今年の発表会が始まりました。

3208

11名 各1~4点を出品。
 
3209

画材は水彩、油彩、アクリルなど

モチーフも風景画、人物画、静物画など様々です。

3210_2

、、、そして私はいつもの動植物confident

3211

今年のグループ展やイベントに出品した物に

新作を加えて4点出品しました。

仕事の都合で会合などに出席出来ず

今回の展示も搬入日に参加出来なかったので

何から何までお世話になりっぱなしですsweat01

搬出日にはメンバーの皆さんにご挨拶出来るかな^^;

楽しみにしていますhappy01

ギャラリーは札幌 大通公園のすぐそば。

アクセスが良いので、ふと通りかかった方にも

寄って頂けたら嬉しいです。

art2017『翌檜展』
 10月3日(火)~8日(日)
 am10:00~pm6:00 (最終日はpm5:00まで)

artギャラリー大通り美術館 B室
 札幌市中央区大通り西5丁目11 大五ビル
 ℡ 011-231-1071

art

2017年9月19日 (火)

飛生芸術祭&TOBIU CAMP 2017

9月17日。北海道に台風18号が迫ってくる中

白老町で行われている芸術祭に行ってきました。

3195

飛生芸術祭 & TOBIU CAMP 2017

会期中様々なイベントが行われていたようです。

今回のお目当ては 『奈良美智』さんの個展。

3196

いつものように描いたのは1点だけで

あとは飛生で出会った人々との交流の中で

生まれた作品を展示されていました。

『キヨさん』が作った木炭で 

飛生の子供たちを描いたデッサン。

3197

彫塑。などなど。。。とても愛らしいheart

3198

観ていてホッとしましたconfident

廃校になった小学校を会場にしているので

そこかしこが何だか懐かしく…confident

3203

教室のひとつはカフェになっていました。

31993206

奈良さんの作品のモデルとなった子供達が

元気に遊んでいました(笑)

体育館にも

3204 

国松 希根太「WORMHOLE」

3202

外に出てみると…他のアーティストの作品が沢山!

3205

3201 何故か…

木彫りのクマ?の前にドングリなどの木の実がどっさりshine

私も一つ。捧げてきましたよ(笑)

体育館の外壁もキャンバスになっていました。

3200

急なお願い&お誘いに快くお付き合いしてくれた友人達。

とても楽しい一日になりました。

ありがとうheart感謝!!感謝!!ですconfident

art

art

art

2017年9月16日 (土)

『ゴッホ展』

先日、友人と『ゴッホ展』を観てきました。

3191

北海道でゴッホ展が行われるのは15年ぶり。

=この展覧会では、「ファン・ゴッホと日本」をテーマに

オランダのファン・ゴッホ美術館など名だたる美術館や

個人が所蔵する油彩画やデッサン、資料などを一挙公開=

(パンフレットより)

3190

浮世絵をはじめとした日本美術に

大きな影響を受けたゴッホの作品は有名です。

風景画はうねるようなタッチが

その場の光や空気まで描き込もうとしているような

迫力を感じました。

3192

3193

多くの作品に ブルーとイエローが使われているのが印象的。

『ジャポニズム』に影響を受けたゴッホ。

そして時代が変わり、海を越えて

1920年代。ゴッホの死後、日本の画家や文学者達が

ゴッホ終焉の地を訪れています。

その時の貴重な映像も公開されていました。

ゴッホ最晩年に交友を持った

オーヴェールの医師ガシェ一族の元に残されている

3冊の芳名録には約240名の署名が記されている事が

近年明らかになったそうです。

その中に洋画家 佐伯祐三の名前もあったそうです。

3194

↑佐伯祐三『オーヴェールの教会』(パンフレットより)

ゴッホも描いたオーヴェールの教会を同じアングルで

描いています。

今はインターネットをはじめ書物やテレビなどでも

いくらでも情報を集められる時代。

実際に現地を訪れる事も昔より楽にできますが

当時、限られた情報の中で夢や憧れを膨らませ追いかけて、

自身の制作に打ち込んだ人々のエネルギーは

とても大きなものだと感じました。

更に、その後の人々に感動や影響を与えていく・・・。

人から人へ、国や文化や時代まで超えて続いていく…。

上手く言えないけれど、、、素敵confident

そんなつながりがずっとずーっとつながっていきますように。

art「Van Gogh & Japan ゴッホ展」-巡りゆく日本の夢-

 2017年8月26日(土)-10月15日(日)

北海道立近代美術館

art

art

2017年9月12日 (火)

夏の華

先月から描きかけていたフラミンゴの絵が

ようやく完成しました。

3189

何の花にしようか?色々迷った結果。

今回は『夏』らしく明るいイメージで

ハイビスカスにしました。

昔々…私がまだヨチヨチ歩きだった頃

動物園に連れて行ったら

フラミンゴの前で動かなくなった…と

親から聞かされた事がありました。

『お前はフラミンゴが大好きだったんだよ』

美しい鳥だと思いますが

物心ついた頃まで記憶をさかのぼってみても

フラミンゴが大好きだったという記憶は無いのです…(笑)

幼い私はフラミンゴのどこに惹きつけられたのか!?

出来る事なら聞いてみたい。

色んな意味で 気になる鳥ですconfident

art

art

art

2017年8月24日 (木)

咲いた咲いた

6月に植えたヒマワリの種。

種まきの時期が遅く、狭い場所だったので心配でしたが

みんな芽を出して

3188

7月23日には↑ここまで育ってくれてホッとしました。

このヒマワリの種は 『ひまわりプロジェクト』という

絆事業で配られていたものです。

カフェ タペストリーで行われた

チャリティコンサートで頂きました。

(その時の記事は『出来る事から』)

あっという間に大きくなって

綺麗に咲いてくれました(v^ー゜)!!

3186

3187

窓辺を明るく飾ってくれていますshine

収穫直前の種が

鳥に食べられてしまう事があるそうなので

防鳥ネットなどを準備した方が良いかな?

ちゃんと種を収穫できますようにconfident

art

art

art

2017年8月20日 (日)

フラミンゴ

10月3日から行われるグループ展に出品します。

ひとり3~4点。

小品3点は用意してありますが、、、

もう1点描こうと思っています。

展示に使える壁の幅が一人当たり3.5ⅿくらいなので

用意したキャンバスの大きい方(F10号)にしました。

3183

以前 赤い絵(フラミンゴ)を描いた後

もっと大きな画面に描きたいと思って

デッサンをしかけていたのですが

3184

なかなか手を付けられずに放置していました。

今回は この描きたかった絵を仕上げようと思います。

フラミンゴの下絵をレイアウト。

3185

…ここまできて 手が止まっちゃたthink

一緒に描こうと思っていた植物を

変更したほうが良いかと考え始めたら

構図がまとまらなくなってしまった( ̄○ ̄;)!

キャプション作成の為、9月中旬には作品のタイトルなどの

詳細を報告しなくてはいけないので

考える時間はあと1ヵ月ありません(^^ゞ

少なくても今月中には描き始めていないと!

頑張りますcoldsweats01

art

art

art

2017年8月16日 (水)

ワンコと花の小品

『2017サッポロモノヴィレッジ』に出店するにあたり

ポストカードだけではちょっと淋しいかな?と

アクリル画を6点描きました。

ワンコグッズのお店なので花と犬の絵で。。。

3176
3173
3178
3174
3175
3177

全てSM(227X158㎜)サイズ。

ポストカードにも加工しました(#^.^#)

art

art

art

イベント終了

8月11日、12日の2日間。

札幌ドームで行われた「2017サッポロモノヴィレッジ」に

手作りの犬のグッズやウェアを販売している

『コッキーノ』さんが出店するのにご一緒してきました。

3182

準備期間は3か月。

私は ポストカードやイラストを手描きしたアートフレーム。

SMサイズの小さな絵を展示しました。

3181

大きなイベントに参加するのは初めてなので

勝手が解らない事ばかりで

作品の制作よりディスプレイの為の準備の方に

3180

3179

時間がかかってしまいました^^;

当日は目の前を流れていく!?(笑)

沢山のお客さんの波に圧倒されましたsweat01

広い会場で家族が迷子になるなどハプニングも続出でしたが

無事に終える事が出来てホッとしています。

展示したアクリル作品は 今後の展覧会に展示したり

ART-Meterさんに出品する予定です。

お客様との嬉しい出会いもありました(#^.^#)

コッキーノさん。大変お世話になりました!!

駆けつけてくれたお友達ありがとうheart

直前で体調不良となった私をサポートしてくれた家族に感謝confident

とてもいい経験になりましたhappy01

art『サッポロモノヴィレッジ』Facebook

  ↑クリックwink pcリンクしています。

art

art

2017年6月 5日 (月)

出来る事から

先日、私の作品のポストカードを委託販売して下さっている

カフェcafe『タペストリー』さんに販売状況のチェックを兼ねて

食事に立ち寄りましたら…confident

0504 

その日はライブnotesのある日でした。

『タペストリー』さんでは時々 入場料は100円+飲食1品で

演奏を聴いてから『お気持ちで』投銭をお願いします^^という

ライブを行っています。

フォーク、ジャズ、馬頭琴、マジック、落語などジャンルは様々。

この日は『なおこBAND』さんと『板谷みきょう』さんのジョイントライブ。

『なおこBAND』は大西なおこさんの箏(こと)と歌

渋谷秀利さんのギターと歌

ジェラルド・イルングさんのアフリカンパーカッション の3人ですが

ジェラルドさんは他のコンサートツアーに参加する事も多いようで(笑)

なおこさんと渋谷さんのお二人の演奏でした。

なおこさんがお使いの箏の材料は会津の桐を使っている事から

東北の震災後 2012年から福島の仮設住宅、学童クラブ、

保育園などを訪ねて演奏活動を行っているそうです。

実際訪ねてみて感じた事は、、、

放射線量が生活するうえでは問題ないとされている場所でも

子供たちが外で土や草に触れて遊べない。という状況を見て

せめて、夏休みのひと時だけでも北海道に呼んで

自然の中で思い切り遊ばせてあげたいという思いだったそうです。

2013年から北海道南幌町で『南幌夏休みキャンプ』を開始されています。

大きな事は出来なくても、まずは子供達数人からでも良いじゃないか

そんな思いで チャリティで集まった募金や

土地の農家さんが野菜を提供されたりしての手作りのキャンプevent

今年で第5回目になるそうです。

さて。キャンプのお話とはまた別の話ですが

会場で、『ひまわりプロジェクト』の協力のお話もありました。

ひまわりを育てて種を福島に送ると

その種はオイルに加工されるそうです。

元々は福島の障害者と農家の方たちが協力して

行われてきた取組だったそうですが

土壌汚染の明らかな土地でのひまわりの栽培は

断念せざるをえなくなってしまったそうです。

そこで県外の支援者がひまわりを育てて種を送るという

『ひまわりプロジェクト』という絆事業が始まったそうです。

団体はもちろん、家庭の花壇(個人)でも良いそうなので

私も『種』を頂いてきましたよ。

プランターでも出来るかなぁ~confidentと思っていたのですが

3171

母が家の脇に猫の額ほどのcoldsweats01

『ひまわり』コーナーを作ってくれました。

3172

ちょっと日当たりが悪いので心配ですが…sweat02

上手く育ってくれますようにconfident

artなおこさんのブログ『箏弾きNaokoの抱腹絶倒な日々』 (←リンクあり)

チャリティライブなどの日程がアップされています。

art

art


«『大原美術館展Ⅱ』と初夏の札幌